伊丹市で探偵が不倫相談で調査のスタートする手順と趣旨

不倫の調査を探偵事務所にタダで相談を要請し、調査した趣旨を伝えてかかった費用を出してもらいます。

 

調査手順、調査した中身、査定金額に納得できたら、実際の取り決めを結ばれます。

 

契約を締結したら調査をスタートします。

 

不倫調査する場合、通常2人1組で行うのがほとんどです。

 

ただし、要望を応じまして探偵の人数を変動させることはOKです。

 

当事務所の調査では、常に報告が随時入ってまいります。

 

ですから調査の進み具合を常に把握することが不可能ではないので、依頼者様はご安心できます。

 

 

探偵事務所での不倫の調査の契約は規定で日数が決められてあるため、規定日数分のリサーチが完了しましたら、すべての内容と結果内容を合わせました報告書を得られます。

 

不倫調査報告書には、詳しい調査内容について記されており、調査中に撮影された写真なども添付されます。

 

不倫調査ではその後、ご自身で訴訟を申し立てるようなケースには、これら不倫調査結果の調査した内容、写真類はとても大事な明証になるでしょう。

 

調査を我が事務所へ求める目的として、このとても重大な不倫現場証拠を掴むことなのです。

 

たとえ、依頼された結果内容で納得できない場合は、続けて調査の依頼することが自由です。

 

ご依頼された調査の結果報告書に同意して本契約が終わった場合、以上で今回ご依頼された不倫調査は終わりとなり、とても重大な調査に当該するデータも探偵の事務所が抹消させていただきます。

伊丹市で不倫調査は探偵が掴んだ証拠を法廷に提出します

不倫調査といえば、探偵オフィスがイメージされますよね。

 

探偵というものは、相談者様の調査依頼を受けて、周辺の聞き込み、ターゲットの尾行や、見張りなどの方法によって、目的の人物の住所、動きの情報を寄せ集めることが業務です。

 

わが探偵事務所の調査は多岐に渡っており、そのほとんどが不倫の調査です。

 

やはり不倫調査は特別に多いのですね。

 

秘密が高いとされる探偵業務は、不倫の調査にはバッチリといえるでしょう。

 

探偵事務所に不倫の調査を依頼したら、その道のプロの経験やノウハウを使って、ご依頼人様が必要とされる情報や証拠を寄せ集めてレポートしてもらえます。

 

 

不倫の調査のような作業は、以前は興信所に申し出るのが当然でしたが、前と違って結婚相手の身元の確認や企業の雇用調査等が興信所にはほとんどで、探偵のような隠れて調査するのではなく、対象の相手に対し、依頼を受けて興信所から来た調査員という事を言います。

 

また、興信所の者はさほど丁寧に調査はしません。

 

親しい知人へ情報を調べるだけということもしばしばあるようです。

 

最近、不倫の調査では、相手に気付かれないように詳しく身辺調査をしてもらいたいことが大部分なので、探偵の方が興信所よりも向いていますね。

 

探偵会社に対する法はありませんでしたが、ごたごたが多く発生したことから8年前に探偵業を取り締まる法律が施行されました。

 

その事により、所定の届出をしなければ探偵業を営むことが禁止されています。

 

これにより健全である探偵業の運営が営まれていますので、お客様には信用して不倫調査を申し出することが可能です。

 

不倫でお悩みの際ははじめは探偵事務所に相談してみることをおすすめしたいと思います。

信頼の探偵事務所はコチラ

 

⇒今すぐ無料で相談できます

伊丹市で探偵スタッフに不倫を調査する要請した時の金額はいくらかかる?

不倫調査に必要なことは探偵へ向けた依頼することですが、入手するためには証等を施術に不服だった場合に、有益な分、経費は上昇する傾向があります。

 

むろん、ご依頼する探偵事務所等によっては料金が異なってきますので、多数の探偵事務所があればその事務所により料金が変わるでしょう。

 

不倫リサーチのケースでは、行動リサーチとして調査員1人当たりに調査料が課せられます。人数が複数になるとそのぶん調査料金がばんばん高くなってしまいます。

 

相手の行動調査には、尾行だけ、結果を伝えるだけの簡単な調査のほかに、予備調査と探偵に必要な特殊機材、証拠VTR、報告書で報告する基本的な調査があります。

 

行動調査に手数料は、60分ずつを単位としています。

 

規定時間を過ぎても調査を続ける場合は、延長するための費用が別途かかってなります。

 

 

尚、調査員1名ずつ大体1時間当たりの延長料がかかります。

 

尚、バイクや車を使用しなければならないとき、代金がかかります。

 

日数×台数毎の料金で設定しています。

 

乗り物種類によって金額は変わってきます。

 

それに、交通費や車に必要な代金等調査するのにかかる諸経費等かかります。

 

尚、その時の現場状況になりますが、特殊な機材などを使う場合もあり、さらに別途、代金がかかったりします。

 

特殊機材の中には、暗くても見えるカメラ、偽装カメラ、仕掛け用カメラ、集音機、偵察用カメラのモニター様々なものが使えます。

 

探偵の事務所では沢山の特殊機材を使用して高い調査力でどんな問題も解決に導いていくことが可能なのです。